不妊体質改善

不妊治療の内容とその注意点

最近注目を集めている不妊治療ですが、代表的なものにはタイミング療法、人工授精、体外受精などの治療方法が挙げられます。タイミング療法は排卵の日取りを改めて把握し、そのタイミングで性交を行ってより確実に妊娠につなげていこうとする治療方法です。他の治療にくらべてより自然な方法の妊娠となるので、もっとも体への負担が少ない治療法といえます。そして、人工受精は精子を直接子宮に送りこむ人工的な方法、そして体外受精は卵子と精子の受精自体を体外、顕微鏡の上で行うという治療補法です。どちらの場合もタイミング療法に比べると体の負担も大きく、費用も多少かかってしまうため利用の際は注意が必要です。ですが、体力面、精神面、費用面での負担が多い分、懐妊の確率はより高いものであるため、人によってはこれらの治療が最もベストな選択となるケースもあります。

治療を始める年齢について

女性の体は男性とは違い、ある程度の年齢が来ると生殖機能が著しく低下するといわれています。もちろん、これには個人差がありますし、一概に言えることではないのですが、やはり年齢を重ねれば重ねるほど妊娠の可能性が低くなるのは事実です。よく不妊治療をしてめでたく妊娠ができたという話を耳にしますが、中には年齢や体力的な問題で不妊治療をしても妊娠をあきらめざる負えなかったという場合もあるのです。 不妊治療は決して万能の治療というわけではありません。治療を行ったからといって必ず妊娠するわけではありませんし、中には治療を行うことすらできないケースというものもあるのです。 酷なことを言うようですが、不妊治療を始める年齢についても、後々のリスクを考えるとできるだけ若いうちに始めておくのがよりベストな方法だといえるでしょう。