辛い治療

不妊治療の種類について

不妊治療には幾つかの種類があり、「ホルモン療法」、「薬物療法」、「手術療法」、「人工授精」、「体外受精」という治療法がある。 ホルモン療法は、男性の精子形成能力が低下している場合、女性で排卵が規則的に起こっていない場合などにホルモンを投与する療法である。 その他、子宮内膜症などに炎症があれば抗生物質を投与したり、全身に対する不妊治療法としてビタミン剤や漢方薬が用いられるなど、症状によって様々な薬物を利用して療法を行っていく。 卵管が炎症で詰まっている場合や、子宮に筋腫があったりなどが不妊の原因であれば、手術をする不妊治療法もある。 精子が少ない場合や、粘液の異常で精子が子宮内に進入できない場合は、配偶者間人工授精をおこなうこともある。 卵管因子による不妊症に対しては、卵子をからだの外に取り出し、数時間培養した精子を加えて受精させ、受精卵を培養したのち子宮内に戻し着床させるという体外受精の方法もある。

不妊の悩みを抱える方たちへ

赤ちゃんが欲しいと望んでいるのになかなか妊娠することができない、と悩んでいる方々は多くいる。不妊症については、不妊治療法の数を見て分かるよう、女性側、男性側ともに様々な種類がある。長い間妊娠することができず、悩んでいる場合は病院を受診し、正しい不妊治療法を行っていったほうが良いだろう。 不妊について悩んでいると、「他の人は妊娠しているのになぜ自分はできないのだろう」、親戚に「まだ子どもはできないのか」と言われる、などと分かっていながらも不安に思ったり、ストレスが溜まってきたりもする。そのような場合は、夫婦で支え合いながら、不妊について正しい知識をつけるなど、ゆっくりと治療をおこなっていくべきである。