出産のメリット

知っておくと良い情報

「高齢出産」と言う言葉がありますが、この言葉は35歳以上の女性が初めて出産をする場合に使われます。35歳前に一度でも出産経験のある人は高齢出産とは呼ばないそうですが、最近では高齢出産の割合も増加傾向にあります。 一般的に、男性女性とも年齢が上がるにつれ卵巣機能や精巣機能も老化し、不妊になる確率が高くなると言われています。不妊治療後に妊娠した場合でも、大事を取って帝王切開をする人が増えるとか、染色体異常が出やすいなどと高齢出産のリスクは色々と考えられますが、高齢出産ならではのメリットも色々とあります。その大きなメリットの一つが経済的地盤がしっかりしているために余裕を持って子育てをしやすいという点にあります。

工夫することで得られるメリット

近年では女性の社会進出の増加などにより、結婚年齢が高くなっているのが高齢出産が増加している理由と考えられていますが、その反面、不妊に悩んでいる夫婦も数多くいます。 不妊の定義は、避妊なしで2年以上子作りをしても妊娠しない状態とされていますが、高齢での結婚で少しでも早く妊娠を望んでいても妊娠に至らない場合は、早めに専門の医療機関で検査をしてもらうことが大事です。不妊治療を始めてもすぐに妊娠するとは限らなく、人によっては何年も治療を続けなくてはいけない場合もあります。治療を続けているうちに年齢を重ねて出産を諦めてしまわないように、早めに治療に取り組み、場合によっては人工受精や体外受精などの方法を選択することも検討する必要があります。